説明会お申込み
/お問合せ

2019.06.06

【アートレックスより】6月1週目の様子

★基礎クラス★

アートの達人コーナーでは「アンリ・マティス」について学習しました。
色彩の魔術師と言われているマティスの絵は、どれも色彩がくっきりとしてきれいです。
授業では特に有名な「赤い部屋」について鑑賞しました。
もともとは「青い部屋」という名前だったこの作品は青と緑を基調とした作品でした。
それを購入者のシチューキンを励ますために、壁紙の色をガラっと変えたのです。
青い部屋を気に入って買ったシチューキンは届いた絵の色が変わって、
果たして元気になったのか、更に落ち込んだのか、気になるところですね。

制作の時間では初めて水彩画にチャレンジ。「混色」をテーマに、
絵を描きながら色見本表を作りました。
お片付けの仕方も練習しましたよ。
みんな楽しみにしていた絵具の課題、とても楽しそうでした。

 

★発展クラス★

アートの達人コーナーでは「アメデオ・モディリアーニ」について学習しました。
15歳の時に肺結核になり、母親と旅しながら教会を訪ねて回るなか、
教会に飾られる素敵な作品に心を奪われたモディリアーニ。
細長い優美な作風が、なんとも素敵です。
「ジャンヌ・エビュテルヌ」という題名の絵が多いのがなぜか考えました。

制作の時間では、はじき絵のテクニックを使って、魚が水の中を泳いでいる様子を
より「らしく」描くことに挑戦しました。
簡単な技法ではありますが、クレヨンの色の順番、混ぜる絵具の色で玄人らしさが出て面白いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム記事一覧に戻る
コラム検索
カテゴリー
バックナンバー