説明会お申込み
/お問合せ

リックキッズの想い

楽しく学ぶ。考えてつくる。自然にふれる。
そして、可能性の広がる人生を歩んで欲しい。

リックキッズは、社会の第一線で活躍するお父様、お母様の最大の理解者であり、サポーターであろう。
常にチャレンジ精神を忘れず、革新的なサービス・徹底的な利便性の追求をおこなう。

わたしたちは子どもたちに、大人になっても「年齢を重ねれば重ねるほど可能性の広がる人生」を歩んでもらう為に、
子どもたちの20年先を常に考え想像し行動する。
子どもの時にしかない感性を大切にし、ご家庭や学校では経験する事ができないたくさんの体験を通じて、
夢や将来のビジョンを描く力、叶える力へと繋げて欲しい。

リックキッズとは?

小学生を対象にした最大22時までお預かりの送迎付アフタースクール(民間学童)です。
リックキッズは、父母様の「安心して働きつづけたい」という思いと、「子ども達に色々な経験をさせたい」という願いを、
両立頂くための各種サービスを提供 しています。
現在、江東区・中央区・江戸川区・文京区・墨田区、北区、荒川区、葛飾区 を始め23区の多くのエリアで運営させていただいており、
地域密着の強みを活かして、送迎付き、22時までのお預かりを始めとした父母様の負担軽減のためのサービスや、
お子様の可能性を広げる多様な保育メニューを取り揃えております。

リックキッズの特徴

  1. 最長22時までのお預かり

    いつも夜遅くまで仕事がある、残業があり遅くなってしまう日もある保護者様に配慮して、最長22時までお預かりします。
    いつでも、安心してお仕事に集中できる環境をお手伝いいたします。

    • 基本時間

      平日:13:00~19:00
      土曜・長期休み:8:00~19:00

      各コースのご利用料金詳細はこちらをご確認下さい。

    • 延長について

      [平日] 朝延長 8:00-13:00 夜延長 19:00-22:00
      [長期休み] 朝延長 7:00-8:00 夜延長 19:00~22:00 [土曜] 朝延長 7:00-8:00 夜延長 19:00~21:00

    • 食事について

      ・昼食時間 12:00 頃  ・おやつ 15:30 頃
      ・夕食時間 19:10 頃 (19時以降利用の希望者のみ)
      ※アレルギーなどをお持ちのお子様は事前にご相談下さいませ。

    • 安全面について

      お子様がリックキッズに到着すると、専用の入退室カードで、入室したことを保護者様の携帯メールにお知らせ致します。
      いつリックキッズに入室し、いつ退出したかがわかるシステムを採用しています。

  2. 送迎サービス

    (レギュラー会員限定)以下の送迎サービスを無料で提供しています。サービス詳細は説明会でご案内致します。

    • 学校送迎

      各学年の下校時刻に合わせ、学校にお迎えに上がります。各校舎の送迎対象小学校は、こちらをご覧ください。

    • 自宅送迎

      ご希望の便でご自宅・マンション前までの送迎を承っております。
      18:00、18:30、19:00 出発便より順番にお送り、以降 20:00便・20:30便・21:00便・21:30便・22:00便
      ※長期休み及び朝からご利用の日は、朝の自宅送迎も行っております。

    • 習い事送迎

      月曜日〜金曜日:概ね 15:30〜17:50分に送迎が完了する習い事で、所属校舎より半径1.5キロメートル圏内の習い事を送迎しています。週利用日数、利用継続年数に応じて、ご利用可能数が異なります。

    • 学校プールの送迎

      通常、夏休みなると学校でプール教室が開催されます。学校プールをご選択された方は、学校プール時間に合わせて小学校に登校する必要がありますが、こちらもリックキッズで送迎も致します。

  3. 充実した学習プログラム

    リックキッズでは夏は 16:00頃〜、冬は17:00頃〜30分程度、一斉に勉強を行い、毎日の学習習慣を身につけていただきます。
    勉強時間では、学校の宿題に取り組み、余力があればご家庭の宿題や習い事の宿題に取り組むこともできます。
    勉強時間とは別に ご希望者は、リックカレッジにて科学教室や絵画教室、ピアノ教室、英会話なども受講可能です。(別途料金)

    リックカレッジの概要はコチラ
  4. 体験から学ぶイベントプログラムが充実

    ご家庭や学校ではなかなか体験できないイベントが充実しています。
    リックキッズでは「お子様の興味を育て、年を重ねるごとに人生の可能性を広げる」を目的にさまざまな体験をし、
    また多くの思い出をつくってほしいと願っています。

    イベントプログラムの詳細はコチラ